カンジダ膣炎と性行為

 

カンジダ膣炎は性病というわけではなく、女性であれば、性経験のない人でもカンジダ膣炎になる可能性があるものです。
理由は、カンジダ菌は常在菌であり、身体にあるのが珍しいことではないため。
ただ、カンジダ菌が増殖しすぎてしまうと、膣や外陰部の痛みやかゆみが現れ、治療をしなければいけなくなります。
性経験や性行為がなくてもカンジダ膣炎になりますが、カンジダ膣炎の状態で性行為をしてしまうと、男性もカンジダ菌に感染します。
女性がカンジダ膣炎に気がつかないまま男性と性行為をしてしまうケースや、女性が膣や外陰部の異常に気がついているのに、検査を受けないまま性行為をしてしまうといったケースはよくあるようです。
女性から男性への感染率はそれほど高くはありませんが、低いわけでもありません。
男性がカンジダ菌によってカンジダ性亀頭包皮炎になった状態で女性と性行為をしてしまうと、女性に感染します。
男性はもともと女性に比べてカンジダ菌が繁殖しづらいのが特徴で、症状が強く出ることはめったにありませんが、体調次第ではカンジダ菌が増殖します。
検査を受け、カンジダ膣炎もしくはカンジダ性亀頭包皮炎と診断されたら、治療が終わるまで性行為は控えるようにしましょう。

 

カンジダ膣炎

 

治療する前に知ってきたい!爪水虫の原理

 

爪水虫の症状が発生する原理として、まずは足に原因となる白癬菌が接触し感染する事からはじまります。爪水虫に感染している人は、水虫も発症しているか、無症状でも菌に感染している場合がほとんどです。足に感染した白癬菌が爪の間に侵食して、爪全体に菌が住み着きます。つまり水虫の症状の末期にあたるのが爪水虫なのです。
爪水虫に感染すると爪の色の一部が白っぽくなり、次第に白や黄、黒などに変色していきます。爪が厚くなりボロボロと崩れ出すほど進行すると、靴を履く際に痛みを感じる場合もあります。

 

白癬菌は皮膚に住み着く菌なので、身体のどこにでも感染する可能性があります。特に足と構造が似た手にも感染しますが、症状が現れる事が滅多にありません。手は日常生活で一日に何度も洗う機会があるので、その時に菌が洗い流されたり、菌の温床となる汚れが無くなり繁殖にまで至らないからです。
足への感染でも、清潔にしていれば感染のリスクは減少しますが、手より汚れやすい部位なので予防が難しいのは事実です。足の爪などを不衛生な状態で伸ばしていると、そこに汗やアカなどの汚れが溜まり、白癬菌が住み着きます。菌は湿気と熱で増殖する為、長時間靴やブーツなどを履いて蒸れたり、雨でぬれた状態のままでいると、足は菌の温床として絶好の環境となってしまいます。

 

爪水虫

 

 

自己流で酵素ダイエット

 

近頃、若い女性の間で食べないダイエットが流行っているので、情報番組などで警告を取り上げているのを見かけるようになりました。
プチ断食ダイエットは間違えたやり方さえしなければ、私はいいとは思うのですが、専門家から言わせるとたくさんの見解があるんですよね。。。
結局は、自分が信じたダイエット方法をやるしかないのかな。でも、極端に食べないダイエットは難しいので、酵素を取りいえれたダイエットをしようかなと考えています。
酵素ダイエットで検索をすると、酵素が含まれたサプリメントや酵素ドリンクがヒットするのですが、何が含まれているのかわからないので少し抵抗があります。
そこで、私は自己中の酵素ダイエットをやってみることにしたんです。酵素が含まれているフルーツや野菜をフレッシュジュースにして、毎食飲むことにしました。
酵素も取れるし、余分な添加物も含まれてないので、より健康的な感じがしますよね。とりあえず、3日間お試しダイエットをしてみます。少しでも痩せたらうれしいな。